0

「社会性と公益性の充実」それがプレミアスタイル!!~プレミアバンク人の仕事力、それは執着と徹底と継続!

皆様いつもお世話になっております!株式会社プレミアバンクの真山です!ペースは取り戻しつつありますでしょうか?今日もしっかりとまいりましょう!今場所も支援させていただいている公益財団法人・日本相撲協会の理事貴乃花親方と景子夫人との会食で伺った貴重なお話と私たちの仕事の心構えと姿勢「プレミアスタイル」をお届けいたします。

貴乃花親方は現役から徹頭徹尾勝ちにこだわった横綱で今もそのこだわりを貫き日本相撲協会で文化貢献に奮闘されております。景子夫人も親方の闘いをずっと支えております。土俵をおりてなお貫かれています。

それはまさに「自分のスタイルを社会貢献のために貫く、まさに横綱の生き様」です

P1150153

毎日闘っています」という親方の言葉と「毎日いばらの道を歩き続けています」という景子夫人の言葉が鮮烈に頭の中に残っています。

おおらかさと優しさに包まれたお二人の人柄から垣間見られたのは、簡単ではない事、大変なことに背を向けず「維持と発展、革新と改善のため」に挑み奮闘し続ける姿でした。

P1150140

その闘う姿勢は確かに、日本の伝統文化の価値を守り高めていくことと、相撲を応援する多くのお客様、国民の喜びと満足、心身の向上のために向けられていました。

P1150158

私たちプレミアバンクにも一貫する心構えがあります。

「すべての人に喜び楽しさ幸せを」 
「人を大事にする文化」 
「富をつくるのは尊いこと」

その自信と誇りを持って皆でよくなれるように団結し努力する。「本気の決意と行動あるところ道は開ける」という心構えです。社会の中で協働し、助け合いの結果を、助け合った人に報いる事です。

つまり「社会性と公益性の充実」を図り皆でよくなるという理念です。

P1150160

本気の決意と行動あるところ道は開ける。
その心構えと姿勢が親方の取り組みに共鳴した貴重な3時間の会食はあっという間に過ぎましたが、翌日お礼の電話で、これからますます良好なお付き合いをさせていただく事と同時に、私たちのプレミアスタイルを貫き「社会性と公益性の充実」を図る決意を表明することができました。

P1150133

どの分野においても仕事力を発揮し価値を生み出す人たちは、一貫したスタイルと行動で闘いつづけています。志ともいえるそれは簡単ではない事、大変な事だから「執着と徹底と継続」が求められます。そもそも初めから簡単な事では志とはいえません。それでも有言実行し続けることで価値が生まれます。

20150116

「執着と徹底と継続」で「社会性と公益性の充実」を図る。
これが私たち株式会社プレミアバンクが有言実行で貫き通す志「プレミアスタイル」です。

今回の会合は雑誌掲載が予定されております。対談に至るまでに御尽力いただきました芥先生ありがとうございました。
貴乃花親方、景子夫人ありがとうございました。大変感謝しております。これからもどうぞ宜しくお願い致します。

株式会社プレミアバンク 代表取締役 真山 壮


1

logo

2014_10_9


プレミアバンク社長

プレミアバンク社長

名前:真山 壮 株式会社プレミアバンク代表取締役 誕生日:1980年4月22日 血液型:O型 出身地:宮城県仙台市生まれ 住まいの地域:埼玉県 人を幸せにする良い会社をつくることを使命に2010年に創業。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です