0

来月より手数料30%→25%に引き下げ!~お客様の声により改善→実現!〜これがプレミアスタイルです!!

皆様こんにちは!いつもお世話になっております。株式会社プレミアバンクの真山です。関東もいよいよ梅雨入りですね。天気はぐずついても、気持ちはからっと明るく過ごしてまいりましょう!株式会社プレミアバンクでは、毎日沢山のお客様からの声が寄せられます。担当者や私にメールであったり直接の電話だったり、会社のホームページやお問い合わせ窓口だったりです。

私たちは常々お客様からの声を大切にしています。それはどんなに私たちが「すべてはお客様のために…」と考えていてもやはり、私たちでは気付かない沢山の改善アイデアを戴けるからです。もちろんお褒めの言葉ばかりではありません。

しかし、戴いた声の一つ一つを改善すれば、それは一歩一歩確実な成長につながります。それは非常にシンプルな取り組みですが、謙虚さと素直さが必要です。

P6110201_00

株式会社プレミアバンクは、ここからの行動が早い自慢の組織です。1日3回のミーティング(朝礼・昼礼・夕礼)で迅速にお客様の声はあがり、全社員に共有されます。

改善が必要ならば担当セクションが話し合って、改善次第またミーティングで全社員と共有です。もちろん、この経過と結果は声を頂いたお客さまにも必ずフィードバックされます。

今回、お客様から戴いたお言葉は

解約手数料30%というのが敷居が高いのよねぇ~


という何気ない、でも率直な感想だったのだと思います。

私たちは、金融コンサルティングのプロですから当然のことと思っていました。
海外投資・運用では日本では考えられない高金利の代わりに、解約手数料も高く設定されている例が多いです。

P6110226_00

しかし、すぐさま「経理・総務」部門を呼び寄せてミーティングです。
喧々諤々の討論の末に、昨今の「円安トレンド」により予想していた為替差損益がより利益にふれたこと。

また少しの差は全社員での経費削減努力で何とかしようとの結論に達し、私たち株式会社プレミアバンクがお客様のリスク負担を軽減することで、その分お客様に少しでも気軽に運用・投資を始めていただきたい。

運用・投資を始める際のきっかけにもなってほしい、との意から、今まで弊社商品を償還前に途中解約すると30%の解約手数料を頂いていたのですが

これを5%低減!25%にさせていただくことが決定いたしました。


もちろん、途中解約ということが無いように慎重に計画的に運用はすべきなのですが、もしもの際に少しだけでもお客様のリスクが低減でき、初めてご契約いただけるお客様の心労が少しでも軽減されますように。

P6110212_00

私たち株式会社プレミアバンクは、これからもお客様の声にひたむきに耳を傾け続け、「すべてはお客様のために」という理念と、全員の情熱で株式会社プレミアバンクをより良い会社、そしてお客様に愛される会社にしてまいります。

株式会社プレミアバンク 代表取締役 真山 壮


tel

55


●株式会社プレミアバンク求人情報
マーケティング本部応募:http://woman.type.jp/job-offer/254225/
営業職応募:http://woman.type.jp/job-offer/254224/
営業職応募:http://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-143624-4-6-1/?ty=cmpa

logo

logo2

1


プレミアバンク社長

プレミアバンク社長

名前:真山 壮 株式会社プレミアバンク代表取締役 誕生日:1980年4月22日 血液型:O型 出身地:宮城県仙台市生まれ 住まいの地域:埼玉県 人を幸せにする良い会社をつくることを使命に2010年に創業。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です