0

今、フィリピン・セブ市が熱(暑)い!

皆様こんにちは!株式会社プレミアバンクの真山です。先日、新たなコンドミニアム契約の為、フィリピン・セブ市へ行って参りました。フィリピンはもちろん暑いですが、日本も本格的な夏を迎え、暑さは負けていないかもしれません。さて本日は、フィリピンの国内内部事情についてお伝えいたします。

以前からお伝えしている通り、不動産業はセブ市で最も急激な成長を遂げている産業です。フィリピンでは現在、強い経済指標と投資家の支持から、さらなるコンドミニアム計画や、新たな空港の建設計画が進められています。

写真①
写真をご覧になれば一目瞭然、セブ市内では今コンドミニアムの建設ラッシュです。私は自分の目で見ないと気が済まないたちなので、契約の際には必ず事前に、自ら視察に参ります。

視察の為にたくさんの国々を訪問しましたが、特にフィリピンでは、経済や人々の活気をひしひしと肌に感じることができました。

こちらは、フィリピンの二大ショッピングモールの一つである「アヤラセンターセブ」の写真です。

写真②
アヤラセンターセブは、平日に85,000人、週末や休日は135,000人ほどの人々が訪れる巨大モールです。国連推計によれば、フィリピンの人口は2030年に日本を抜き1億2300万に達し、2091年まで増え続ける見込みです。

人口においてもっとも重要なのが生産年齢人口ですが、フィリピンではほかのアジア諸国と異なり長期間にわたり増え続けるのです。

昨今のフィリピン経済はGDP成長率6-7%、インフレ率は4%程度です。したがって、長期的にはフィリピン・ペソは間違いなくその価値を切り上げていくでしょう。
 
写真③
経済成長・人口増加がこれから本格的に始まる今、フィリピンの、特にセブ市に投資するのがベストなタイミングです。

リスクを把握し、しっかりとした審美眼を持って投資に望めば、インカムゲインはもちろん、キャピタルゲインも、さらには為替差益も狙えるフィリピン・セブ市の不動産投資は、十分すぎるほどに魅力的ではないでしょうか。

セブ・コンドミニアム契約風景の動画をアップいたしました!



(英語の後、日本語が流れます。)

株式会社プレミアバンク 代表取締役 真山 壮

tel_off
55


●株式会社プレミアバンク求人情報
営業職応募:正社員募集:http://woman.type.jp/job-offer/260780/
パート募集:http://woman.type.jp/job-offer/260781/

1

banner20150707

1


プレミアバンク社長

プレミアバンク社長

名前:真山 壮 株式会社プレミアバンク代表取締役 誕生日:1980年4月22日 血液型:O型 出身地:宮城県仙台市生まれ 住まいの地域:埼玉県 人を幸せにする良い会社をつくることを使命に2010年に創業。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です