0

新しいファンド情報~より手堅く資産を増やすなら新興国のインフラ事業への直接投資

皆様いつもお世話になっております。株式会社プレミアバンクの真山です。今の私にできることはないか?今日も自発的にはりきってまいりましょう。本日は新しいファンドの情報をいち早く皆様にお届けいたします。

港湾関連産業が国際展開しやすい環境を構築するための港湾関連技術・規格の海外展開を図る港湾インフラ整備。

本インフラ事業は長期契約に基づき能力拡張後の輸送の太宗を担うため、安定的な収益が見込まれます。また、鉄道輸送能力の一部を本炭鉱以外で生産される鉱物資源や農産物などの一般貨物輸送や旅客輸送に活用するほか、需要の増加に合わせて港湾積出能力を拡張する余地があります。

b48809b25e0343926b17c0e9c8134de7_s
インフラ事業への出資参画は、本年5月に公表した新規事業への投資配分方針に基づき、「資源・素材」及び「インフラ」の攻め筋において成長投資を実行するものです。新ファンドは鉄鉱石の大規模鉱山と鉄道・港湾インフラを一体的に運営する知見・実績を有しているほか、これらの知見も活用しインフラ事業の価値最大化を目指します。

グラフ1
経済のグローバル化に伴い、企業の調達・生産・販売活動はボーダーレスな展開となり、国際的な物流の重要性が、これまで以上に高まっています。航空貨物の需要が急速に増加しているとはいっても、やはりモノの移動の中心は海運です。

1960年代後半から始まった貨物のコンテナ化は、貨物の積み替えコストや作業時間の大幅な削減をもたらし、その後、コンテナ輸送は急速に普及しました。現在では、石油や液化天然ガス(LNG)石炭といったエネルギー資源、鉄鉱石などの鉱物資源、穀物など以外の大半のものがコンテナ船によって運ばれています。こうしたコンテナ輸送の増加により、港にはコンテナターミナルが不可欠なものとなりました。

7566a6baae9bdf7b18e0bf5d60191ca1_s
一方で、コンテナを運ぶコンテナ船の大型化も進みました。それに対応するために大深水バースなど大型船が寄港できるための整備を行った港は「拠点港」となり、その中には大型船が寄港できない地方港のためのハブ(中継)港としての役割を担い取扱量を増やしてきたところもあります。

コンテナ輸送の増加は、世界の上位20港のコンテナ取扱量の推移にはっきりと表れています。1980年から10年ごとに倍以上に増え、特に2000年からの10年間の伸びには著しいものがあります。しかもその増加分のほとんどがアジアの港であり、「世界の生産工場」として急成長したことと、それに合わせて港湾整備が進んだことを浮き彫りにしています。

33440a654202b385bdf5f0b5a35d6789_s
・事業ネットワークを支える物流機能の高度化~インフラ整備とサービスの発展
多国間工程分業や生産機能の集約化による最適生産体制の構築や、域内市場開拓に向けた販売統括拠点の設置など、我が国企業による効率的な事業ネットワーク構築に言及してきましたが、その背景としては、EPA/FTAによる東アジア経済のシームレス化のみならず、ネットワークを支える物流インフラの発展も重要な要素として挙げられます。

東アジア諸国では、いまだ不十分な面はあるものの、急速に物流インフラが整備されつつあり、そのインフラを利用した多様なサービスの展開が、工程間分業や販路拡大の可能性を広げ、EPA/FTAの効果とあいまって企業の事業活動の活発化、ひいては東アジア経済の活性化に寄与しています。ここでは、こうした物流機能の現状と課題について言及します。

0ccbdc970c131aa2e4f9ce1ccfa9a69a_s
東南アジアのシームレス化が進み、多国間工程分業の進展など事業ネットワークに深化が見られる中で、東南アジア各国に展開された各拠点間の物流ニーズが高まっています。また、東南アジア各国が自国経済の活性化に取り組む上でも、利用者のニーズに対応できる物流インフラを整備することで、立地拠点としての魅力を高めることが重要となってきています。

このため、中国-ASEAN間や、ASEAN域内各国、ASEAN各国-インド、中国-インドをつなぐ高速道路、鉄道、航路等、国境をまたぐ面的な物流インフラ網の整備が進んでいます。

・物流サービスの発展に向けた環境整備(多様な顧客ニーズとグローバル化に伴うインフラ整備)
こうした物流サービス業者による創意工夫の発揮は、整備されたインフラや関連制度の利用効果を高めるとともに、製造業を始めとした他産業の経済活動の活発化や生産性向上にも寄与するものです。経済の一体化・シームレス化が進む東南アジアにおいては、国境を越えた取引がますます活発化することが想定されます。

また、激化するグローバル競争の中、経済発展に伴い徐々に人件費等が上昇しつつある東南アジア経済が、コスト面での競争優位を発揮していく上でも、多様な顧客ニーズに対応して必要な時に必要な量だけ製造・供給するといった事業活動をサポートする高度な物流サービスが効率的に行われることが重要であり、これは、日本企業のみならず、東南アジア経済全体の発展にもつながるものです。

653940b9773963b7c89783d3b886b806_s
このため、物流業者が多様なサービスを展開できるよう、自由でシームレスな事業環境を築いていくことは重要な課題と言えます。

私たち株式会社プレミアバンクは、世界有数の成長が見込まれる東南アジア新興国を重点国として位置づけ、国創りに資する事業推進と同国の経済成長の取り込みを図る方針を掲げており、既に同国においてインフラ開発への投資を推進中です。輸送インフラを整備する本インフラ事業と合わせ、新興国の経済発展に大きく寄与することが期待されています。

469017866cb072aa79b03c18a918e559_s
また、当該地域において基盤となるこれらの事業を基点につながる関連事業を展開し、引き続きインドネシアのみならず東南アジア地域の発展・成長に貢献していきます。

株式会社プレミアバンク 代表取締役 真山 壮

tel_off
55

●株式会社プレミアバンク求人情報
営業職応募:正社員募集:http://woman.type.jp/job-offer/260780/
パート募集:http://woman.type.jp/job-offer/260781/

1

banner20150707

1


プレミアバンク社長

プレミアバンク社長

名前:真山 壮 株式会社プレミアバンク代表取締役 誕生日:1980年4月22日 血液型:O型 出身地:宮城県仙台市生まれ 住まいの地域:埼玉県 人を幸せにする良い会社をつくることを使命に2010年に創業。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です