2

海外口座を開設するメリット・デメリットとは!?

皆様こんにちは!いつもお世話になっております。株式会社プレミアバンク真山です!
11月も半ばを過ぎて年末を意識させる今日この頃です。
年内にやり残したことが無い様に、今から計画的に毎日を元気に過ごしましょう!

先日の海外出張にて、私たち株式会社プレミアバンクは、いくつもの海外銀行に口座を開設してまいりました。

11230109_402076283322207_3978748194805678357_n_0

私たちの運用先の一つとして海外不動産の購入があり、その引き落とし口座として必要不可欠な為、開設した海外の銀行口座ですが、最近お客様から非常に問い合わせの多いのが、この海外口座開設についてです。

PB240644_0

昨今、外貨預金や外貨MMF、外国為替保証金取引(FX)等も一般的になり、これらの外貨投資もずいぶん身近なものとなりました。また同時に、国内金融機関の低金利とは裏腹に、高金利を謳う海外の金融商品の情報が沢山もたらされています。

今では投資家だけではなく、普通のサラリーマンの方々まで、国内の銀行から円で払い込む外貨投資ではなく、一歩進んだ、海外の金融機関に口座を開設し、金融資産を移しておきたいと考える人が増えてまいりました。

P9160838_0

私たちが受ける相談の内容は様々で、お客様の一人一人海外口座の開設目的は違いますが、多い声を要約すると

①日本の借金は雪だるまのように増え続けていて、そのリスクヘッジで資産を円だけでなく安定的な通貨や新興国通貨に分散して持っていたい。

②円安の進行による円建て金融資産の目減りを防ぎ、外貨で殖やし外貨で使う(海外旅行・移住、等)ことでより人生を豊かにしたい。

③海外不動産を購入するためには必須であり、その取引ベースとなる口座を作っておきたい。

④積立型金融商品など、日本からインターネットで購入できる商品の取引に有用であるから。

等があり、単純に金利の違いや為替差益による運用益を受けるだけでなく、その口座を使って更なる運用や、自分の人生への投資を考え、よりグローバルな視野で夢を描かれている方が増えてきたのが嬉しい限りです。

IMG_7745_0

私たち株式会社プレミアバンクは今回、カンボジアでは、日本のSBIホールディングス出資により、日本人担当者が駐在することで日本人には利便性の良いプノンペン商業銀行(Phnom Penh Commercial Bank.)を、フィリピンでは、株主にSMモールで有名な大手コングロマリットのSM Groupを持つ、総資産でフィリピン最大手、バンコ・デ・オロ・ユニバンク(Banco de Oro Universal Bank.)等に口座開設を行ってまいりました。

最近はインターネットでも、海外の銀行口座開設の記事が載っていますが、日本国内との銀行とは考え方が大きく違いますので、注意が必要です。
またインターネットの記事も絶対ではありません。

海外の多くの金融機関は口座開設の必要要件として、身分の正確性を証明するためのパスポート、その国の金融機関に口座が必要な理由、その国の滞在場所、滞在目的を示す査証(VISA)、または代わる外国人身分証明、金融機関が要求する最低金額の現地通貨と今までの銀行での入出金を証明するバンクリファレンス、そしてこれらのやり取りを円滑に行う語学力が必要なのが一般です。

IMG_7746_0

しかし、沢山の記載があるインターネットの記事や、口座開設ツアーなどに目を通すと、いとも簡単に開設できる旨が書かれています。

各金融機関は自行への投資を呼びかけ、海外の渡航客であっても大切なお客様なので、地元有力者の紹介ならばとか、通訳を介し意思疎通が出来れば、等、銀行の支店、担当者によってもその基準は変わりますし、一部便宜が図られているのも実際です。

2015-09-13-14.58.40_0

それでもその反面、海外口座の開設には、その地区によりタックス・ヘイヴンと呼ばれる租税回避地を悪意を持って利用した租税回避スキームや、マネーロンダリングにも使用されかねない側面も併せ持つので、一つの事件や、国と国との関係性によっても簡単にその開設基準の許容度が変わってしまうものであり、最近は特に厳しくなる方向性のようですし、それなりのノウハウがないと簡単に口座開設は出来ません。

その他に、海外の銀行では様々なデメリットもあります。
世界の銀行の中で、日本の銀行が独特の慣習を持っていて特殊なのですが、それに慣らされてしまった私たちには海外の銀行の決まりがデメリットに感じることが多々あると思います。

その代表的な例として、口座維持手数料の存在です。日本の銀行口座では残高がほとんどなくとも入出金が無く放っておいても10年以上の休眠口座にならない限り、口座は維持されていますが、海外では最低の預金残高の設定があり、これを下回ると口座維持費を請求されてしまい、銀行ごとにその設定額は違いますが、せっかく金利の高い口座に預けても、その分、口座維持手数料で引かれてしまっては折角の高金利の意味がなくなってしまいます。

IMG_6749_0

また、日本に居ながら海外口座での取引を利用するなら、その度に海外支店に出向けませんのでインターネットを使用することが普通です。

日本でもインターネットバンキングは普及してきましたが、海外銀行のインターネット利用にはPINコードとトークン(ワンタイムパスワードをランダムに出す機械)を使って取引をすることが普通です。

何回か残高確認などを行って慣れてしまえば何でもないのですが、初期設定も自分で行わなければならず、英語だけの画面で、銀行独自の手続きを理解して進めるのは英語が達者な人でもそう簡単ではなく、サポートを必要とすることもあるので、これもまたデメリットと言えると思います。

それでも海外投資を始める上では、それらを上回るメリットが多々あります。

PA270210_0

私たち株式会社プレミアバンクでは、HSBC香港、アクレダ銀行、プノンペン商業銀行、バンコ・デ・オロ・ユニバンク、フィリピン・ナショナル・バンク、等、アジアの大手銀行への最新の情報を持っています。

これらの正確な最新の情報提供やご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

フィリピンの政府系銀行大手のフィリピン・ナショナル・バンク(Philippine National Bank、以下PNB)ですが、東京と名古屋に支店があり両支店で口座開設が可能ということで社員に口座開設に行ってもらいました。

次回はこの模様を詳しくお伝えしたいと思います。

株式会社プレミアバンク 代表取締役 真山 壮

●株式会社プレミアバンク求人情報
マイナビ転職の求人掲載が始まりました。

●営業コンサルタント
http://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-167972-3-1-1/
●広報企画スタッフ
http://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-167972-3-1-2/

土日祝休み、残業無し、女性も働きやすい環境でお迎えしますので、たくさんのご応募お待ちしております。

1

株式会社プレミアバンクは事業拡大の為、正社員、パート社員を随時募集しています。
みなさん、楽しい会社で一緒に働きませんか?
たくさんの応募、お待ちしております!

tel_off
55

banner20150707

1


プレミアバンク社長

プレミアバンク社長

名前:真山 壮 株式会社プレミアバンク代表取締役 誕生日:1980年4月22日 血液型:O型 出身地:宮城県仙台市生まれ 住まいの地域:埼玉県 人を幸せにする良い会社をつくることを使命に2010年に創業。

2 Comments

  1. 初めまして。フィリピン株を購入したいと思ってますが、フィリピン銀行の口座開設や、その後の株取引の方法がわかりません。ご相談可能でしょうか?また可能であった場合のコンサル費用を併せて教えていただければ助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です