0

プレミアバンク海外投資についての書籍出版~執筆の一部紹介

皆さまいつもお世話になっております。株式会社プレミアバンクの真山です。ただいま海外投資の教科書(仮)と題して書籍出版のオファーを頂き執筆しております。皆様に分かりやすく海外投資の魅力とメリットをお伝えできる書籍にしていきたいと思っていますので、ぜひ楽しみにお待ちください。

20160407b
まず冒頭にあげる国内が抱える問題について3つご紹介します。

①日本が抱える財政赤字
2015年10月時点のIMFの推計は1229兆円。国民一人当たり968万円もの借金を背負う計算になります。

②日本の人口減少
日本の財政赤字の悪化は極めて深刻。経済活動が活発に営まれていることが、日本経済が活況になる条件ですが、日本の人口の減少傾向では日本経済のかつての活況を取り戻すのは、ほぼ不可能です。

③競争力を失い経済成長から取り残されつつある通貨の日本円
経済が今後成長しないということでは誰も投資をしようとは思わない。かつての日本経済活況の頃のように、なんでも買えば上がるという状況ではないだけに、これからますます国内投資で利益を上げられる人は少なくなってきます。まったく成長期待のない日本国内で円建ての預貯金と日本株だけで運用を続けていくことは困難です。

このような状況に対応するためにも、個人投資家や資産形成を望む人は、視野を広げ、海外に目を向け、いち早く経済活動が活発に営まれている成長期待のある国や地域を探して、運用していくことが大事になってきます。

2
つまりは現代も成長を続ける世界経済、グローバル資本下では、海外投資が最も有効な資産形成方法だといえます。もちろん私自身も今できる限りのことを真剣に取り組み、再び日本経済が元気を取り戻すのを一番に願って、現代のグローバル資本主義下で働いています。

株式会社プレミアバンク 代表取締役 真山 壮

tel_off

banner20150707

1

20160202
logo_web


プレミアバンク社長

プレミアバンク社長

名前:真山 壮 株式会社プレミアバンク代表取締役 誕生日:1980年4月22日 血液型:O型 出身地:宮城県仙台市生まれ 住まいの地域:埼玉県 人を幸せにする良い会社をつくることを使命に2010年に創業。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です