0

「潤」という名に想いを込めたお米づくり

皆さまいつもお世話になっております。株式会社プレミアバンクの真山です。昨日は長野県上田市に出張で行ってきました。今年もおいしいお米をお届けするために、大事な草刈とオリジナル米袋のデザイン打ち合わせを行ってきました。

米づくりも、田植えが終わるとひと段落、秋の稲刈りまで何をするんだろうとお思いの方も多いと思いますが、より美味しいお米を育てるにはこの時期の努力がモノをいいます。

この時期のお米づくりに大切なことは水の管理と、稲の育成状態の観察、雑草対策です。農家の方は毎朝、全ての田んぼを回り水位の確認と稲の状態を観察します。

P6210032
この時期は、稲の新しい根が育ってしっかり大地に根を広げる時期です。一般に手で引き抜くことが出来なくなった状態を活着と言いますがこの状態になったら、さらに成長を促す為に、日中は浅水、夜に深水にする管理を行います。

P6210015
関東では水不足で農作業にまで影響が出かねない状況の所もあるようですが、ここ武石地区では保水力のある山に囲まれているおかげで空梅雨の現在でも水に困ることはありませんでした。

また、土中の気温が上がってくると田んぼの中にも雑草が生えてきますが、この時期は畦の雑草の手入れを行います。

田んぼの中は解るけど、畦の雑草は関係ないと思われるかもしれませんが、現在の田植えは畦ギリギリまで苗を植えますので、畦に雑草が蔓延ると、土中の養分をとられたり、雑草はすぐに背丈まで伸びてしまうので、周囲の稲への日照が少なくなるなどの問題が生じ、品質や生産量に大きく影響が出てしまうのです。

農家の方が一気に多面積を刈れる、自走式草刈機を、私たちは複雑な畦の形状でも刈りやすい小型の肩掛式の刈払機を使用しました。

P6210070
機械自体は軽いですが、畦の形に沿って回転刃を入れるのはなかなかコツがいるもので、悪戦苦闘しているうちに地味に腰に効いてくるという仕事です。しかし刈り終った面を見るととても綺麗で、こういう地道な作業の繰り返しが美味しいお米を作る秘訣なんだなと再確認いたしました。

P6210170
夜は農家の方と、オリジナル米袋のデザインの打合せです。

私は兼ねてから、この美味しいお米を全世界の人々に召し上がってもらいたいと思ってまいりました。その想いを農家の方々が汲み取ってくれて一つのブランド米としての販売を行うことを許可・後押ししてくれたのです。そして私が考えたお米のブランド名は「潤(じゅん)」!

PA050069
コシヒカリの持つみずみずしい力強い味と、冷えても美味しいその保水力、また生産する私たちの「美味しく召し上がってもらいたい」という溢れるまでの想い、そして実際に食べて美味しいと幸せな気持ちが潤うように、全てを「潤」という一文字に込めました。

先日、三井住友銀行が農業参入ということで話題になりましたね。日本の農業、特に米づくりでは従事する人の高齢化、若者の跡継ぎ問題など問題が山積していますが、その布石として今年4月に改正農地施行により新しい呼称となった「農地所有適格法人」を受け皿としたビジネスモデルです。

具体的には大潟村あきたこまち千三社協会と三井住友銀行、三井住友ファイナンス&リース、秋田銀行が共同して法人を設立するというものです。
三井住友銀行が農業参入-こまち協会と法人設立

規模は違いますが全く私が考えていることと同じで、ここ上田市でも農家の高齢化が進んでおり、何とかしなければと思っていました。

日本は長寿の国で世界一です、そして長野県は長寿の都道府県で全国一です。そんな長寿の長野県で、一から育てたコシヒカリ「潤」

先日フィリピンに贈答で持って行った際にも大好評でした。新規に販売網を構築するには大変な努力が必要ですが、既に国内も海外もリサーチは終了していて具体化させる段階に入っています。また、まだ正式なご報告は出来ませんが、幾つかの品評会にも出品させていただく予定です。

本日は、そんな生まれたての「潤」というお米の題字を、私自ら書かせていただきました。

P6220011
P6220023
もうすぐパッケージも完成致します。
来月7月30日に行う椿山荘の懇親会時には正式にお披露目できるかと思います。

P6090001
昨日は長野、本日は横浜、そして来週はフィリピンと忙しい毎日ですが、その中でも自然と向き合う長野研修は、日本の四季の移り変わりと、仕事の本質とは何かをあらためて実感できる、今となっては株式会社プレミアバンクになくてはならない事業となり、日々進化しています。

これからの株式会社プレミアバンクの多岐にわたる付加価値事業にもご期待ください。皆様のお役に立てる事業戦略を足腰を鍛えながら、堅実に進めてまいります。

株式会社プレミアバンク 代表取締役  真山 壮

20160610a



tel_off

banner20150707

1

20160202
logo_web


プレミアバンク社長

プレミアバンク社長

名前:真山 壮 株式会社プレミアバンク代表取締役 誕生日:1980年4月22日 血液型:O型 出身地:宮城県仙台市生まれ 住まいの地域:埼玉県 人を幸せにする良い会社をつくることを使命に2010年に創業。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です