0

簡単で単純な海外事業の為替の重要性について

皆様こんにちは。いつもお世話になっております。株式会社プレミアバンクの真山です。今日23日は勤労感謝の日で日本は祝日ですが、海外のマーケットは動いています。今日はフィリピンのalpb realty corporation から海外事業の為替の重要性についてお伝えします。

1

では早速ですが、昨日11/22付三菱東京UFJ銀行発表の外国為替相場一覧表の米ドル価格を見てみましょう。


  • 最終更新日時:2016/11/22 10:28
  • 外国為替相場(SPOT )
  • 通貨名USD(米ドル)
  • T.T.S. 111.54
  • T.T.S. Telegraphic Transfer Selling 電信売り相場、仕向送金、外貨預金作成時等に使用
  • ACC. 111.71
  • ACC Acceptance Rate 信用状付一覧払い輸入手形決済相場
  • CASH S. 113.34
  • CASH S. CASH Selling 現金売り相場(お客さまの買い)
  • T.T.B. 109.54
  • TTB Telegraphic Transfer Buying 電信買い相場、被仕向送金、外貨預金出金時等に使用
  • CASH B. 107.54
  • CASH B. CASH Buying 現金買い相場(お客さまの売り)

外国為替相場表は日本円で1米ドルを買う際の価格の目安ですが、簡単に覚えておきたいのはTTSレート(買う時の価格)とTTBレート(売る時の価格)です。

11/23今日現在で仮に1万米ドルを買うのに必要な円は1,115,400円。1万米ドルを売った時に得られる円は1,095,400円です。

分かりやすい例えですが、差額が2万円もあります。その上さらに各銀行の為替手数料がかかる場合が大半です。得をするのはもちろん銀行ですが、これをしかたなく支払うのはお客様です。

仕方なく支払うと表現したのは、これを私は損失もしくは、不要なコストとみなし払いたくないので払いません。

皆様が仮にこれを知らなければ、損失や不要なコストには当たらないでしょう。しかし私にとっては確かな損失です。私はいつでもこの損を益に変えたいのです。

国内銀行の代わりに為替手数料の安価な業者や両替所、送金業者、送金方法を工夫し、自ら選択します。

2

●例えば、今日の交換レートでお伝えします。

USD(米ドル)110.65円で交換しています。(※為替手数料も含まれています。)

  • ◇1万米ドル当たり買う時に8,900円の得。
  • ◇10万米ドル当たりでは89,000円の得。

海外投資においては10万米ドル以上の単位で取引が多いですが、100万米ドル当たりでは890,000円以上の得です。さらには米ドルから円換算することで一回につき890,000円×2=1,760,000円以上の差額が得られるわけです。

国内銀行の取る為替手数料を加えずに少なく見積もっているにも関わらず、これだけの差額です。もちろん売る際も同等の差額が得られます。

確かに銀行は為替手数料で大きな利益が出るでしょう。しかし私はコストを事業の大事な便益とみなし、自らの工夫と情報の活用によってそれを収益に変えて取ります。

3

毎回の収益差を176万円当たりで得るか、もしくは損失とは知らずに毎回支払うかは、事業投資、個人投資に関わらず、大きな差を生みます。

単純で簡単な事ですが、日本にずっといながら日本円だけの保有では中々解らない仕組みだと思います。

どんな工夫や仕組みを取り入れるかは、投資分野や、財務分野、税務分野、資産運用分野の全てにおいて明確な差を生みます。知らなかったから、当たり前のように事を進めて、知らずにいる事で損だけはしたくないものです。

それは私の仕事であり、事業分野だからこそ好きで続けていられますが、情報は自ら収集して、工夫して実践することで、格差が生まれることをよく知っています。そして国内外問わず世界で活躍する多くの事業家、投資家がそれにより発展し、成長しています。

どちらに属するかは自分自身で決めることです。

20160525e

私は私たちに関わる大切な人たちと情報を共有することで、便益を分かち合うことを、いつも考えています。だから仕事が好きですし、飽きずに続けていられるわけですが、一番は利益は無いよりあった方が絶対にいいですし、損はあるより無い方が絶対にいいという単純な考えです。

簡単に単純に理解し、工夫して仕組みを取り入れ、実践して行くことで、皆様の成長や発展の機会に当てて頂くことが出来ることを知っています。それを持続させることが私たちの使命です。

株式会社プレミアバンク 代表取締役 兼 CEO alpb realty corporation CEO Founder 真山 壮

ttl01

◇無料海外投資セミナー(参加費無料

次回:2016年12月14日(水)先着3名様にQUOカード1,000円分プレゼント!
詳細:海外資産運用活用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階
※2016年資産運用セミナー日程はこちらでご確認ください。

◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について

20160610a

tel_off

banner20150707

1

20160202
logo_web


プレミアバンク社長

プレミアバンク社長

名前:真山 壮 株式会社プレミアバンク代表取締役 誕生日:1980年4月22日 血液型:O型 出身地:宮城県仙台市生まれ 住まいの地域:埼玉県 人を幸せにする良い会社をつくることを使命に2010年に創業。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です