0

一緒に歩こう。

皆様こんにちは。いつもお世話になっております。株式会社プレミアバンク代表取締役CEOの真山壮です。今日はプレミアバンクが支援活動しているユニセフ(国連児童基金)支援、ゴールドリボンネットワーク(小児がん支援、啓発、治療研究)の四月のウォーキングイベントへ参加した様子をお伝えします。

私には三人の子どもがいます。今年から中学一年生の長男、小学5年の次男と小学4年の長女です。授かった時に子供には、私より長い人生を、より良く明るく生きてもらいたいと、次世代に明るい未来を託したいと、率直に思いました。

長野2

だから子供をいつも応援しています。そして困ったことがあれば協力を惜しみません。そして私のエゴを押し付けたりすることはありません。私は子供のサーポーター(支持者)でありフォロワー(補佐者)です。

長野3

ただ一つ望むことがあるとすれば、それは心身ともに健康で過ごしてもらいたいという願いだけです。

私は、幼稚園を共に過ごした幼なじみを、小児白血病(血液のがん)で失くしています。

53873c3477a7033ecfa58720ff58564b_s

一緒に遊べる時間は限られていましたが、会うと、いつも明るく優しい彼女は、いつも私を明るく元気にしてくれました。段々と会える時間がなくなり、転居した中学校の頃に、彼女のお母さんから訃報を聞きました。お礼の言葉を頂きました。「娘は限られた時間を壮くんと一緒にいれてとても幸せだった」と。彼女はずっと白血病と闘いながら一生懸命に生きていました。

3

大切な人を失うのは、とても悲しいことですが、私は私に出来ることを一つ一つ努力しようと思いました。そして、彼女や誰かの分も一生懸命に生きて、誰かの支えになろうと。

4

プレミアバンク創業時から、私がCSRを大切にすることも、支援活動を続けることも、これが一番の理由です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は五体満足で両親、先祖から生を授かり、健康で過ごせること、働けることを、毎朝神棚に感謝します。願をかけることはありません。ただ、どんなに忙しくても、大切なことを一つ一つ忘れないようにするために手を合わせて誓っています。

IMG_2518_R

株式会社プレミアバンクが、これからも人の役に立てる会社であり続けるために、私自身が心身ともに健康であり、社員一人ひとりが心身ともに健康であり、そのことに感謝出来ることが一番大切だと思っています。

IMG_6423

そして、今日も心身ともに健康で過ごせていることに感謝をしながら、人のために努力して一生懸命に働くことが大切なことだと思っています。そして世の中を良くして、明るくするために、世界中の小さな子供の健康と、一つ一つの命に、明るい未来と希望を託していきたいと思います。

株式会社プレミアバンク代表取締役兼CEO alpb realty corporation CEO Founder 真山 壮




プレミアバンク我が信条

我々の第一の責任は、すべての顧客に対するものであると確信する。
①顧客一人一人のニーズに応えるにあたり、我々の行うすべての活動は質的に高い水準のものでなければならない。
②適正な利益を維持するため、我々は常にコストを引き下げる努力をしなければならない。
③顧客からの注文には、迅速、かつ正確に応えなければならない。
④我々の顧客には、適正な利益をあげる機会を提供しなければならない。

我々の第二の責任は全社員に対するものである。
①社員一人一人は個人として尊重され、その尊厳と価値が認められなければならない。
②社員は安心して仕事に従事できなければならない。
③待遇は公正かつ適切でなければならず、働く環境は清潔で、整理整頓され、かつ安全でなければならない。
④社員が家族に対する責任を十分果たすことができるよう、配慮しなければならない。
⑤社員の提案、苦情が自由にできる環境でなければならない。
⑥能力ある人々には、雇用、能力開発および、昇進の機会が平等に与えられなければならない。
⑦我々は有能な管理者を任命しなければならない。そして、その行動は公正、かつ道義にかなったものでなければならない。

我々の第三の責任は、我々が生活し、働いている地域社会、さらには全世界の共同社会に対するものである。
①我々は良き市民として、有益な社会事業および福祉に貢献し、適切な租税を負担しなければならない。
②我々は社会の発展、健康の増進、教育の改善に寄与する活動に参画しなければならない。
③我々が使用する施設を常に良好な状態に保ち、環境と資源の保護に努めなければならない。

我々の第四の、そして最後の責任は、プレミアバンクに関わるすべての人々に対するものである。
①事業は健全な利益を生まなければならない。
②我々は新しい考えを試みなければならない。
③研究・開発は継続され、革新的な企画は開発され、失敗は償わなければならない。
④新しい設備を購入し、新しい環境を整備し、新しい商品を市場に導入しなければならない。
⑤逆境の時に備えて蓄積を行わなければならない。

これらすべての原則が実行されてはじめて、ステークホルダーは正当な報酬を享受することができるものと確信する。


ttl01

◇財務コンサルティングセミナー詳細(参加費無料)

開催日:2017年5月10日(水)ご予約はお早めに!!
詳細:海外資産運用活用の基礎知識から細かい内容までポイントを分かりやすく解説
定員:10名(希望者多数の場合は先着順になります)
会場:株式会社プレミアバンク東京本社
〒108-6028 東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階
※2017年資産運用セミナー日程はこちらでご確認ください。


◇海外投資お役立ちガイドセミナー受付専用ダイヤル
フリーダイヤル:0120-266-018

※無料個別相談も随時開催しております。
※正しく知りたい、海外投資の魅力「無料個別相談会」について

tel_off

banner20150707

1

20160202
logo_web
 


プレミアバンク社長

プレミアバンク社長

名前:真山 壮 株式会社プレミアバンク代表取締役 誕生日:1980年4月22日 血液型:O型 出身地:宮城県仙台市生まれ 住まいの地域:埼玉県 人を幸せにする良い会社をつくることを使命に2010年に創業。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です